種落ちて太陽と雨があれば、やがて芽が出て実を残す。
人だって♂♀集って日が経てば、やがて出会って子も残す。
 
そもそも空気と水と太陽あるこの星が奇跡なら、その命の濃さも奇跡だそうです。
そっか。そんな星、そんな命、まだハッキリと見つけられてないですもんね。
神様と呼ぶ? ともかくそこに大いなる宇宙の意図を感じます。
 
そもそもこの奇跡の星。太陽の周りをただ廻るだけじゃないそうです。動く太陽追うように「らせん状」に動いてるとか。
そして太陽も銀河廻りながら中心へ距離を詰めてるんだとか。途方もない時間で。
このふたつの映像は以前Facebook通じて教えてもらいました。
 
 
見てると思わず気が遠のいたりしません?^^
壮大過ぎて命の濃さすらちっぽけに思えますが...なんのなんの、ちっぽけはちっぽけなり、心で大っきく想像するのだけは自由です。
 
で、この写真。美味しそうな実りは奇跡的ですらあります。先輩が送ってくれました。
ちっぽけな身ながら、心に壮大な感謝を浮かべ、北に向かって頭を垂れるのでした。
 
美味しいトマトかじりつつYouTube観つつ、そうやって書いてたらなにやら小難しくなっちゃいましたが...要はこの小さな命達、これも美味しく頂きます。
ありがとうございました!
イメージ 1