http://www.geocities.jp/art_1ro/_gl_images_/30aug.jpg
この時期、特に鹿島周辺に波乗りに行くと、
波打ち際にいろんなお供えものが置いてある。
こないだ日曜に行った「K浜」もそうでした。
地域的なものか、ほとんどがカボチャやらナスやら。丸々ゴロっと。
だけどたまに楊枝をさした馬形のもあり、妙に懐かしかったりして。
ご先祖の霊が乗ってきて帰ってく「精霊馬」って言うらしい。

迎え盆や送り盆。
若い人はもうほとんど知らないでしょうが、たまに会いたくなる故人って、
年重ねていくと、一人や二人出来てきますよね。
いや決してコワイ話なんかでなく(笑)

海の近くに住む人達にとって、
海はそんな故人を迎えたり送ったりする場所、でもあるのですね。
海から来て、海に帰る。
海は不思議です。
信心深くない人まで、思い巡らせ、声まで聞ける気にさせる。
そして新らしい気持ちになれる。

最近ボクは、気持ちがよほどすさんできたのか、
週末に洗ったはずの気持ちが、週半ばにはササクレ立ち早くもイライラ。
一週間保たない…。

そういえば、今年は盆参りもしてない。
今度波待ちする時は、せめて故人に想いを馳せよう。
そしてアドバイスに耳傾けよう。 と、思うのでした。
…「ジイちゃん、ひとつよろしく」


大潮だから精霊馬もほとんど波に乗って消えちゃったかな?

夏も終わりです。